体調不良の原因はたんぱく質不足だった!!【医師や薬に頼らない!すべての不調は自分で治せる】を読んで実践してみた!

健康

私の主人は若いころに円形脱毛症になったことがあります。

円形脱毛が多すぎて、髪の毛がまばらになっているよりはましだと、スキンヘッドにしたとのこと。

その思い切りには感心しましたが、本人はやっぱり悩んだだろうな~と思いました。

でもその原因を作ったのは張本人でした。

大学時代にほぼ毎日の食事がなんとインスタントラーメンだったというのです!!

しかも朝昼夜ずっと毎日・・・・

飽きるだろ・・と思いましたが、面倒くさいのとお金がないのと理由はそんな感じ。

そうしたら髪の毛がどんどん抜けてきて、円形脱毛が何個も出来て、ついにはスキンヘッドにせざるを得ない状態になってしまったようです。

病院に行ったら、「栄養失調ですね」とのこと。

そりゃそうでしょっ!

・・・と当時の主人に突っ込みを入れたくなりました。

主人のように栄養失調ではなく、他の病気が原因だったりストレスのせいでそうなってしまう方もいると思いますが、ここではたんぱく質が人間の体にとってどれだけ重要なものであるかをお伝えしたいと思います。

この記事はこんな方におすすめです。

・たんぱく質ってそんなに大事なの?と思っている方

・栄養に関しておすすめの本を知りたい方

たんぱく質が不足するとどうなるか?

体に必要な栄養素でよく耳にするのが三大栄養素です。

それが炭水化物(糖質)・たんぱく質・脂質ですが、一番大切なのはたんぱく質です。

なぜなら人間(生物)は細胞で出来ていますが、その細胞を構成する成分で水分以外では一番多いのです。たんぱく質が生命を維持するのに最重要な成分なので、その成分が不足すると様々な病気を引き起こす原因になるのです。

たんぱく質が不足するとどうなる

たんぱく質は、体を作る構成要素であるだけでなく、酵素やホルモンなど体の機能を調節する大切な役割を果たしているため、不足すると、免疫機能が低下して抵抗力が弱くなり、さまざまな病気にかかりやすくなります。また、たんぱく質が不足すると筋力も低下します。特に、高齢者は、肉や魚の摂取量が少なくなり、たんぱく質が不足しがちなので、意識して、摂るように心がけましょう。歯が悪い人や飲み込む力の弱い人は、ひき肉を使う、材料を軟らかく煮る、飲み込みやすくとろみをつけるなどの工夫をするとよいでしょう。

出典 公益財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネット

広告

アサヒ ディアナチュラ アクティブ ホエイプロテイン カフェオレ (360g) 健康食品 ※軽減税率対象商品

価格:1,929円
(2023/9/17 23:24時点)
感想(1件)

ではどれくらいのたんぱく質が必要かというと、下記の基準量が一般的です。

たんぱく質の一日の摂取基準量

日本人の食事摂取基準によると、一日に必要なたんぱく質は、18~49歳は、摂取エネルギーの13~20%、50~64歳は14~20%、65歳以上は15~20%が理想とされており、推奨量は、18~64歳の男性は一日65g、65歳以上の男性は60g、18歳以上の女性は一日50gとなっています。

出典 公益財団法人長寿科学振興財団 健康長寿ネット

栄養が食事で十分に摂れてないな~と思うことはありますが、何をどれだけ摂ればいいかなんてよくわからないですよね?

そんな時にYouTubeである本を紹介していたのを見て、実際にその本を購入し読みました。

これだ!と思いました。

【医師や薬に頼らない!すべての不調は自分で治せる】を読んだ!

広告

医師や薬に頼らない!すべての不調は自分で治せる/藤川徳美【1000円以上送料無料】

価格:1,430円
(2023/9/17 23:13時点)
感想(5件)

私の読んだ本は【医師や薬に頼らない!すべての不調は自分で治せる】です。

これは現代の薬に頼りがちな人々に、体の不調は栄養不足を解消することで良くなると気づかせてくれる本です。

私も体調が悪くなるとやっぱり病院に行ってしまいますが、根本的に体は食べ物で出来ていることを忘れ、それを見直すことなくついつい薬を服用すれば治ると思っていました。

しかし、この本を読んで体に必要な栄養を自分の体に与えてあげなければと思い、早速プロテインを購入し、飲み始めました。更年期で体調不良も続き、胃腸の調子も良くなく、関節も傷みやすくなり・・

食も細くなってきたので、やはり栄養が足りてないよな~と思っていましたが、飲み始めるとなんだか元気になってきました。

そういえば胃腸の調子が悪くげっぷが多かったけど、気にならなくなっていました。

寝つきもいいし、肌つやも以前よりいい感じ。

やっぱり人間の体は食事などの栄養で出来ているんだな~と実感しました。

この本では次のことが推奨されています。

・低糖質食を普段の食事で心がける。(白米・パン・麺類・菓子など炭水化物を減らす。)

・1日最低限の量として、健康の維持、病気の予防のためには自分の体×1gのタンパク質接種が必要。

・成長期の中高生、妊娠・授乳期の女性の場合は、体重×1.5gのタンパク質接種必要。慢性疾患からの回復を目指すためには、体重×2gの量が必要。

・ほとんどの人は、食事からの十分量のタンパク質を摂取できていない。そのため、当院では男女共に1日20g(60cc)×2回のプロテインを飲むように指導。

・どうしてもプロテインを入手・摂取できない際は、卵を毎日5個食べる。

出典 医師や薬に頼らない!すべて不調が自分で治せる 著者 藤川徳美

この本では数多くの病気でお困りの方が改善されている症例も多く紹介されていますので、ぜひご覧になって頂きたいです。

さらにこの本では日本人の女性はほとんどが【鉄不足】に陥っているとのことです。

女性は月経のため男性より圧倒的に鉄が不足している現状であるし、うつやパニック障害も鉄を投与すると改善するとうたっています。

食事だけではたんぱく質や鉄を十分に摂れないので、プロテインやサプリメントなどで摂取することをお勧めします。

広告

【9/15限定★ポイント15倍】NOW Foods 鉄 【 iHerb アイハーブ 公式 】 ナウフーズ サプリメント サプリ 鉄分 アイアン フェロケル鉄 健康食品 栄養補助食品 植物性 植物性カプセル ベジカプセル 18mg 120粒

価格:1,355円
(2023/9/17 23:00時点)
感想(1件)

栄養をとった結果の円形脱毛症は?

主人の円形脱毛症の話に戻りますが、

医者から【栄養失調です】と診断された後どうしたかというと、食事を見直して栄養があるものを摂るようにしたそうです。

豆腐・納豆・わかめ・卵・肉など栄養のあるものを積極的に摂るようにしてだんだんと髪の毛が生えてきたそうです。

そして現在は年をとりましたが、結構髪の毛がある方です。

そういう結果を聞いたり、自分でもプロテインを飲んで不調が改善したのを経験すると、

【やっぱり人間は食べ物で出来ているんだな~】と思います。

食事でたんぱく質を摂るためには様々な食品がありますが、下記のたんぱく質含有量を参考にしてみてください。卵や肉・魚が多いことが分かります。

出典【医師や薬に頼らない!すべての不調は自分で治せる】著者 藤川徳美

まとめ

主人の円形脱毛症を克服した話と私の体調不良が改善してきた話をご紹介しましたが、みなさんも年齢を重ねていくうちにあちこち具合が悪くなってくる方もいらっしゃると思いますが、ぜひ参考にして元気になって頂きたいと思います。

この記事でわかったこと

・たんぱく質が体を作るうえで最重要成分である。

・食事で摂りきれないたんぱく質はプロテインを飲用した方がいい。

・体調不良の方におすすめの本は【医師や薬に頼らない!すべての不調は自分で治せる】である。

・円形脱毛症や更年期の体調不良もたんぱく質を摂ることで改善した。

主婦歴30年。子育てが終わり、自分時間を楽しんでいます。
げんちゃん

コスメショップで美容部員をしています!
美容以外にも、自分の体験や有益な情報をお届けしたいと思います!

げんちゃんをフォローする
健康
げんちゃんをフォローする
GENKINAKOブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました